最終更新:2017年4月21日


日本台湾学会定例研究会
歴史・経済・政治部会
第113-116回

第115回
日時 2017年6月2日(金) 18:20~20:20
場所 早稲田大学3号館3階305号室
題目 シリーズ「著者との対話」
劉傑・李成市編著『留学生の早稲田――近代日本の知の接触領域』
(早稲田大学出版部、2015年)
評者 三田剛史氏(明治大学)
司会 李成市氏(早稲田大学)
共催 早稲田大学台湾研究所、早稲田大学東アジアの政治と思想研究部会
第114回
日時 2017年1月27日(金) 18:20~20:20
場所 早稲田大学3号館 3F 306室
題目 「日本の大衆娯楽紙はなぜ国府の国際反共宣伝に動員されたのか?
-1950年代における『内外タイムス』の台湾進出をめぐる諸問題-」
報告者 島田大輔氏(早稲田大学東アジア国際問題研究所招聘研究員)
司会 若林正丈氏(早稲田大学)
共催 早稲田大学台湾研究所、早稲田大学東アジアの政治と思想研究部会
第113回
日時 2016年12月17日(土) 15:00~18:00
場所 早稲田大学3号館 7F 704室
題目 ミニシンポジウム「帝国日本の台湾支配とキリスト教―韓国キリスト教史を相互参照の視座として―」(付記 駒込武著『世界史のなかの台湾植民地支配-台南長老教中学校からの視座』(岩波書店、2016年)をめぐって)
報告者 駒込武氏(京都大学)
コメンテータ 北村嘉恵氏(北海道大学)
松谷基和氏(東北学院大学)
司会 春山明哲氏(早稲田大学)
共催 早稲田大学台湾研究所、早稲田大学東アジアの政治と思想研究部会

定例研究会トップに戻る