最終更新:2016年12月19日


日 本 台 湾 学 会 報
第16号
2014年6月

をクリックすると、当該原稿のPDFファイルが別ウィンドウで開きます。

目次
953KB
論説
 李喬「小説」と1960年代台湾文学界における安部公房の受容
 
―台湾文学における1960年代実存主義運動から80年代民主化運動への展開―
明田川 聡士 1
483KB
 白先勇小説の映画への改編をめぐって
 ―エグザイルとしての在米中国人―
八木 はるな 22
505KB
 2012年台湾総統選挙と立法委員選挙の分析
 ―同日選挙効果と分割投票―
小笠原 欣幸 35
1.12MB
 もう一つの新嘗祭
 ―植民地台湾における祭日としての展開―
周 俊宇 59
598KB
 国立台湾大学における日本人留用政策 井上 弘樹 84
508KB
 戦後初期台湾における言語政策研究再考
 ―代行された脱植民地化の視角から―
森田 健嗣 107
456KB
日本台湾学会第15回学術大会シンポジウム
「東アジアの近代を読み直す〜植民地、越境、冷戦〜」基調報告
 脱植民地化の文学と言語戦争 西 成彦 126
304KB
書評 136
353KB
執筆者紹介・第16号編集後記・奥付
98KB
CONTENTS
953KB

『日本台湾学会報』のページに戻る