最終更新:2019年8月31日


日 本 台 湾 学 会 報
第21号
2019年7月

をクリックすると、当該原稿のPDFファイルが別ウィンドウで開きます。

目次
日本台湾学会設立20 周年記念シンポジウム「『新たな世代』の台湾研究」
パネルディスカッション報告
 日本における台湾史研究、この10年から考える 菅野 敦志 1
 日本の人類学におけるこの10年の台湾研究 宮岡 真央子 19
 日本の台湾文学研究この10年(2008-2017) 赤松 美和子 39
 台湾政治研究の回顧と展望(2008-18年)
 ――この10年、これからの10 年
家永 真幸 57
 質疑応答録 73
国際公開シンポジウム「台湾における婚姻平等化への道」
 台湾における婚姻平等化への道 尤 美女 82
 婚姻平等化における台湾女性運動の貢献 沈 秀華 97
論説
 植民地台湾の「癩文学」を読む――宮崎勝雄のテクストを中心に 星名 宏修 108
 蔣介石から蔣経国への権力継承
 ―軍事戦略の転換期における「統帥権」の所在に着目して―
五十嵐 隆幸 130
 胥吏と台湾の割譲
 ─南部台湾における田賦徴収請負機構の解体をめぐって─
新田 龍希 149
 1910 年代後半から20 年代後半までの台湾総督府の渡航政策
 ―台湾人の台中間渡航を中心に―
巫 靚 173
 植民地台湾における監獄作業に関する一考察 林 政佑 190
研究ノート
 現代台湾語書き言葉の多様性と規範形成―教科書・雑誌の分析から― 吉田 真悟 218
書評 234
エッセイ 台湾研究を始めるということ 280
執筆者紹介・第21号編集後記・奥付
CONTENTS

『日本台湾学会報』のページに戻る