最終更新:2013年9月4日


日 本 台 湾 学 会 報
第13号
2011年5月

をクリックすると、当該原稿のPDFファイルが別ウィンドウで開きます。

目次
699KB
論説
 日本統治初期の台湾における刑法適用問題
 ―依用慣行の起源と総督府・法院の対立―
小金丸 貴志 1
513KB
 台湾原住民社会地方化の日本統治時代における展開 松岡 格 25
516KB
 「帝国の時間」と植民地台湾
 ―天長節と紀元節を例として―
顔 杏如 51
722KB
 愛情のユートピアから情欲と狂気のディストピアへ
 ―「解厳」前後における蘇偉貞の眷村表象―
倉本 知明 77
472KB
「虚構」の想像と創造
 ―李喬《寒夜三部作》におけるフォークナー作品の影響を中心に―
明田川 聡士 95
502KB
『台湾民間文学集』故事篇にみる1930年代台湾新知識人の文化創造 豊田 周子 115
584KB
日本台湾学会第12回学術大会記念講演
 司法院大法官の解釈と台湾の民主政治・法治主義の発展 翁 岳生 135
505KB
執筆者紹介・第13号編集後記・奥付
98KB
CONTENTS
699KB

『日本台湾学会報』のページに戻る